2012年2月27日

●Applayers 審査員特別賞受賞!

写真3.JPGiPhoneやiPadアプリで演奏するApplayersコンテスト決勝大会にて審査員特別賞を頂きました!
もともとなかった賞だけに本当に嬉しいです。

写真4.JPG

会場はニコファーレ!!!全面にLEDパネルで映像演出も素晴らしかったです。入り口もこんな感じでいろんなシーンに会わせて演出出来る素晴らしい会場。ここで演奏させてもらえるだけでも本当に嬉しい!
いつかライブしたいなーなんて思いながら会場散策しておりました。

写真.JPG

GOさんのリハ中風景です。いやぁー、決勝に残った皆さんの演奏、本当に面白かった!!!
決勝に残られた方々は、mi-onさん、GOさん、情デKIDSさん、tigerlilyさん、SandyTrip、iPad Ninjaz、松尾Pさん。

iPad Ninjazも音楽仲間の一人がいたり、松尾PさんとはAUGM(アップルユーザーズグループミーティング)東京で一緒にiPhoneバンドした事もあったりと知り合いがいて嬉しかったです。

みんな打ち込みやループに重ねての演奏及び演出だったんだけど、SandyTripはあえて生演奏にこだわりました。iPhone&iPadをいかに楽器として使用するか、そして誰にも出来ない事をしよう!という事で、私がiPadのBebotアプリで弾いて歌い、カズさんはiPhoneのマイクアプリを使い歌いながらジャンベアプリ(これ、カメラに手元映ってなかったけどあんな風に叩けるのはカズさんだけです。難しいのです。)でリズムを刻むというスタイルで挑みました。
楽曲もSandyTripの砂漠の旅というオリジナル曲で、オリジナルは1stアルバムに収録したんだけど(10年ぐらい前の楽曲)今回のコンテスト用にアレンジしました。
一見、シンプルだけど、やってた事はかなり難しい事やってたんですよ〜。
もともとあるループやリズムに合わせるのは案外どなたでも出来ると思うんだけど、リアルタイムでリズムから刻むというのは機材、アプリ、レスポンスなどの問題もあり技術がないと出来ないんです。
SandyTripはiPhone&iPadを完全なる楽器にしたかった訳です。

相方カズさんもレビューやアプリについて詳しくブログに書くと思うので、細かい事はそちらを見てくださいねー♪

これからの音楽が楽しみですね。きっとアプリ演奏が先で、それから生楽器に興味が出て来る人もいるだろうし、優勝したiPad Ninjyazのようなパフォーマンス集団も現れる事と思います。
もっといろんなアプリが増えるだろうし、一つのコミュニケーションツールとしても幅が広がるんだろうな。
個人的にはiPhoneさえあれば誰でも簡単にセッション出来るアプリが出来たらいいなー。
それと、大人数が繋がる大きなスピーカー。(Bluetoothとかで会場みんなで繋がって音出せるみたいな。)あったらいいなぁ〜。

今回の大会で優勝は逃したものの、得る物はとても大きかったと思います。
日本の音楽シーンに新たな1ページを刻めた、そんなApplayersでした。

最後に松尾Pさんとの1枚。

写真2.JPG

またみんなに会いたい!

注)いろんなところにSandyTripのプロフィール載ってましたがCDセールス2000枚は間違いです。トータルで15000枚は完売しております。(ほぼライブの手売り枚数です。)
それとサンデーでなくサンディですw(日曜日じゃなくて砂だよ。SとTが大文字でスペースなしだよ♪)

Posted by Ayumi at 10:53 | Comments [2] | Trackbacks [0]