2007年6月19日

●蛍の恋

梅雨入り前に実家の世知原に行きました。
いつも遊んでいた川に蛍を見に行きました。
川の音と蛍の光が幻想的で、だけどなんだか切ない感じがしました。
これは詩を書こう!と思い、儚い恋の詩を書いてみました。

「蛍の恋」

川辺に揺れる6月の空
そっと静かにあなたを呼んだ
二度と訪れる事のない時間に
私が壊れてしまわぬように

いつか終わりが来る事
きっと気付いていたの
だから一瞬の輝きを
忘れない 蛍の恋

心が揺れる水面と共に
そっと触れる指先を拒んだ
これから先の未来の不安を
打ち消すだけの愛をください

いつか終わりが来る事
きっと気付いていたの
だから一瞬の輝きを
忘れない 蛍の恋

確かめたかった
ただそれだけなのに
あなたを傷つけた

いつか終わりが来る事
きっと気付いていたの
だから一瞬の輝きを
忘れない 蛍の恋


※あくまでも想像です。笑

Posted by Ayumi at 2007年6月19日 00:25
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sandytrip.net/mt-tb.cgi/1494

コメント

素敵な詩ですね 心に染みました だんだん自然も減ってきて 環境も悪くなってなかなか蛍やメダカなどに 出会えなくなってきましたね いつまでも絶すことなく 努めていきたいですね 目指せエコロジー!!

Posted by 風音 at 2007年6月19日 04:51

いいですねー!歌にする予定は?はかない一時の輝きですね、きれいですよね。

Posted by せんべい at 2007年6月19日 10:01

『蛍の恋』切ない詩ですね。
昨日の夜『DUNA』を聴きながら、この詩を見つめていました。『恋心』の曲の切なさと重なりました。
「人知れず 我が心」って感じかな?
近くに蛍の名所があるのに今年は行かなかったなぁ。。

Posted by ユミリンコ at 2007年6月19日 10:18

AYUMIさ~ん(^O^)ただいまぁ~!!!!!今、子供達を連れて蛍を見に行ってきました~(^O^)
シーズン過ぎてたから、もう見れないかも??って思ったけど、まだいました~!!見れてよかった~(^-^)
川の音と蛍の光がホント、幻想的でした。でも切なさは感じませんでした!!だって子供達が「うわぁ~っ(^O^)綺麗~☆」って目をキラキラさせて、はしゃぐんだもん(^o^;
それに今日は、前に洗濯屋さんが教えてくれた三日月と金星が二つ仲良く寄り添ってました☆
今日は梅雨の中休み?はっきりくっきり三日月とお星様が見えて可愛かったです(^-^)☆
AYUMIさんが教えてくれなかったら、今年は蛍を見れないまんまでした。。見れて良かったぁ~(^-^)AYUMIさん!ありがとう(^^)v

Posted by ユミリンコ at 2007年6月19日 21:33

今さっき蛍を見に行きました☆☆☆きれいでしたよ(^O^)
お月さまも見れてよかったです(☆≧u≦°.+☆)

Posted by マユリンコ at 2007年6月19日 21:47

「そっと静かにあなたを呼んだ」・・・って、おいば呼んだと?
そういえばさっきなんか聞こえたっちゃん、空耳かっておもうたらあゆみさんやったとね。・・・・で、なんか用?

悪ふざけがすぎてたらごめんね。

Posted by 洗濯屋 at 2007年6月19日 22:49

家から北へ30分以内の所に蛍がとてもきれいに見られる場所があって夜中に何度か見に行ってるので、わぁ~キレイ!と感動する以外に静かにずっ~と眺めているとせつない気持ちになるのよねぇ。蛍の恋、せつなくてはかなくていい歌詞ですね。ちゃんと曲にしてプラネタリウムで歌って欲しいなぁ。

Posted by MOMO at 2007年6月23日 08:35
コメントしてください




保存しますか?