2006年4月28日

●私目線

ワガママですか? 無理してますか?

私から見える世界は
いつも私が中心です

ワガママですか?
無理してませんか?

誰かに歩幅を合わせる事も
視線を合わせる事も
下手すぎるんです

ワガママですか?
無理してるんですか?

嫌われたくないから
自然体でいたいのに
156の私目線は
いつも理解されがたい
そんな気がします

合わせる事も
理解しあう為の一つのツール

周りが見えない私目線

いつからか
それが基準になってしまいました

ワガママな私目線

Posted by Ayumi at 2006年4月28日 00:19
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sandytrip.net/mt-tb.cgi/302

コメント

かなり前のことになりますが、アグネス・チャン氏の講演を思い出しました。

お握りといえば、海苔ですよね。でもアレって、外国人はカーボン紙に
見えるそうです。とてもじゃないけど、食べられないとか。
逆に、ハトを見て美味しそう、こんなにいっぱいいるのに、
どうして日本人は食べないのだろうって。
ハトは、日本では平和象徴で、食べるという発想はありませんね。

国際理解はどのようにするべきか。
日本人はハトを、外国人はカーボン紙みないな海苔を無理に食べる?
「とにかく美味いから食え!」と強引に力で?
日本人の好きな「玉虫色」にするのが最善?
そんなことしていても、何にも解決にならない。

結局、どちらかに「合わせる」ことではなく、
お互いの「違い」を認め合うことが最も大切。
それが真の「理解」というもの。

相手の素敵なところを1つでも発見できたら、それでOK!
あとは、昨日よりも今日の自分が素敵になること。

みな、歩く方向や速度はバラバラですよね。
でも、すべての人は、未来に向かって歩いています。
だから、歩くことは美しい。

他人に合わせて歩こうとしても疲れるだけ。
「私に合わせろ!」でも、うまくいかないでしょう。
歩美さんは、歩美さんらしく歩いているときが最も美しいと思います。

Posted by TECCHAN at 2006年4月29日 21:08

てっちゃんさん

素敵なコメントありがとうございます!
自分らしくいる事
本当に大切な事ですね。
私らしくあるように、この毎日を過ごしていきたいです。

(^-^)/

Posted by ぁゅぁゅ at 2006年5月 2日 18:12
コメントしてください




保存しますか?